活動場所

お問い合わせ、ご予約はお電話、メール及びメールフォームにて承っております。

メールアドレス

at.yoko2010@gmail.com(吉田)

電話

090-7106-8174

活動日

毎週火曜日金曜日(吉田担当)
11:00~16:00

(上記の時間の内1時間~2時間)
※前日の午前中までにご連絡下さい。

住所

〒615-0007
京都市右京区西院上花田町4
(株)太洋堂ビル4F

阪急『西院』から徒歩8分
地下鉄東西線『西大路御池』から徒歩8分
市バス『西大路三条』から徒歩3分

地図

★火曜日又は金曜日以外での個別相談をご希望の場合・・・日時、場所などのご相談をさせていただきます。
遠慮なくお申し出下さい。
(交通費のみいただきます。土・日・祝も可能です。)

ブログ
乳がんサバイバーからの便り
個別記事: 2013年10月02日

患者様とご家族へのアンケート実施中

患者様とご家族へのアンケート        

                京都乳がんピアサポートサロン 責任者 吉田羊子

先日末期の脳腫瘍の患者様の息子さんとお話する機会がありました。彼は「母の状態に慣れてしまうような気がするのです。自分は冷たい人間なんだろうか、悲しいです。」とおっしゃいました。がんは患者様ご本人にだけでなく、ご家族にも深い悩みを与えるものだと感じました。今後患者様、そのご家族とお話するときにどんなことを受け止めていくべきか。もっとご家族の思いも理解したいと思いました。また、医療者の方々にもご覧になっていただき、治療の参考にして頂きます。

答えていただけるところだけでももちろん構いませんので、よろしくお願いいたします。

1・アンケートに答えていただく方・・・ご本人(年齢   歳)男性(  )女性(  )

  よろしければ、癌種とステージをお書き下さい。(              )

 ①告知後、ご家族に伝えるとき、一番伝える難しさを感じたのはどなたにでしたか?

   (                             )

 ②伝えるとき、一番悩んだのはどんなことでしたか?

 

 

 ③ご家族からの言葉で一番うれしかった言葉はどんな言葉でしたか?

また、どなたからの言葉ですか?

 

 

 ④ご家族からの言葉で言ってほしくなかった言葉はありますか?

 

 

 ⑤他、ご家族とのことでの悩みなどお書き下さい。

 

 

2・アンケートにお答ええいただく方・・ご家族(患者様とのご関係   )(年齢  歳)

 ①告知直後のお考えや悩み

 

 

 ②治療中の思いや悩み

 

 

 ③その後の思いや悩み

 

             ご協力ありがとうございました。
このアンケートは全種のがん患者様とそのご家族を対象としてとらせていただきます。
この画面をコピー&保存していただきご回答下さい、
送信先はat.yoko2010@gmail.com
です。
今年度(2014年3月まで)受け付けております。
まとめた資料は、皆様にご報告すると同時にサロンのパンフレットを置いていただいている京都府内7病院とスベンソン、リマンマ、京都府健康福祉課、京都市健康保険部に
送信させていただきます。
また、資料の内容は個人が特定されるような内容ではなく、客観的な事例と数字のまとめた内容に作成されますので、ご安心下さい。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

代表 吉田羊子
私、吉田羊子は2008年10月の会社の健康診断で乳がんが発見され、11月から沢井診療所(現在の沢井記念乳腺クリニック)にて抗がん剤治療開始。翌年5月に右乳房全摘手術を受けました。自分が体験したことを無駄には終わらせてなるものかという思いで2011年7月よりNPO法人CNJ(キャンサーネットジャパン)が配信するBEC(乳がん体験者コーディネーター)の受講を開始し、資格を取得しました。

CNJ(キャンサーネットジャパン)

ピアサポート活動のきっかけとなった「CNJ(キャンサーネットジャパン)」についてご紹介。

私は、「CNJ」の「BEC(乳癌体験者コーディネーター)」の資格を取得しました。

「CNJ」は、がん患者およびその家族の診療に対する意思を尊重するため、科学的根拠に基づいた情報提供に関する事業を展開。また、患者の知る権利、選ぶ権利、決める権利を守るべく、セカンドオピニオンやインフォームドコンセントを適切な形で普及させることを目的として運営されています。

  • BREAST CARE Kyoto 人工乳頭のブレストケア京都
  • Re-バストブラ アボワール 乳がん経験者が作った乳がん下着専門店
このページのトップへ