活動場所

お問い合わせ、ご予約はお電話、メール及びメールフォームにて承っております。

メールアドレス

at.yoko2010@gmail.com(吉田)

電話

090-7106-8174

活動日

毎週火曜日金曜日(吉田担当)
11:00~16:00

(上記の時間の内1時間~2時間)
※前日の午前中までにご連絡下さい。

住所

〒615-0007
京都市右京区西院上花田町4
(株)太洋堂ビル4F

阪急『西院』から徒歩8分
地下鉄東西線『西大路御池』から徒歩8分
市バス『西大路三条』から徒歩3分

地図

★火曜日又は金曜日以外での個別相談をご希望の場合・・・日時、場所などのご相談をさせていただきます。
遠慮なくお申し出下さい。
(交通費のみいただきます。土・日・祝も可能です。)

ブログ
乳がんサバイバーからの便り
個別記事: 2020年06月07日

ひとりでもできるヨガ紹介

籠っている時間が長くなると、不安やストレスの増加、運動不足になりがちです。

そんな時は『フェローズヨガ』のクラスを思い出してみませんか?

クラスで行っていたヨガには、自然治癒力・免疫力を高める効果があると言われているものを取り入れていました。

◎両方のお尻に体重を均等にのせて、背筋を上に伸ばしてみましょう。

◎鼻からゆっくり吸って、鼻から吐いて・・・の呼吸をおこなってみましょう。

慣れてきたら吐く息の方を長くしていきます。腹式呼吸でリラックス。

◎鼻から息を吸って、吐く息で肩をストンとおとします。3回ほど繰り返します。

 肩こり防止に。

◎呼吸にあわせて背骨のストレッチ

 吸う息で目線を上に、背骨を反らすように、吐く息で目線をおへそに、背中を丸

 くします。何度か繰り返します。背骨に沿って走っている神経を活発化させます。

◎ひねりのポーズ 

吸う息で背骨を伸ばし、吐く息でやさしくひねります。

反対側も忘れずに。お腹の引き締めにもおすすめですよ。

◎前屈のポーズ

 吸う息で背骨を伸ばし、吐く息でお腹と太ももを近づけます。

 膝は曲がっていても大丈夫。不安な気持ちを落ち着かせるポーズです。

その日の体調にあわせて、おこなってください。

また前に配布した、『自宅でも出来る乳がんリハビリヨガ』のプリントを参考にしてくださいね。みのりヨガHPの乳がんリハビリヨガで同じものを見る事が出来ます。

https://minoriyoga.jimdofree.com/乳がんリハビリヨガ/

皆さんにお会いできる日を楽しみにしています♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

代表 吉田羊子
私、吉田羊子は2008年10月の会社の健康診断で乳がんが発見され、11月から沢井診療所(現在の沢井記念乳腺クリニック)にて抗がん剤治療開始。翌年5月に右乳房全摘手術を受けました。自分が体験したことを無駄には終わらせてなるものかという思いで2011年7月よりNPO法人CNJ(キャンサーネットジャパン)が配信するBEC(乳がん体験者コーディネーター)の受講を開始し、資格を取得しました。

CNJ(キャンサーネットジャパン)

ピアサポート活動のきっかけとなった「CNJ(キャンサーネットジャパン)」についてご紹介。

私は、「CNJ」の「BEC(乳癌体験者コーディネーター)」の資格を取得しました。

「CNJ」は、がん患者およびその家族の診療に対する意思を尊重するため、科学的根拠に基づいた情報提供に関する事業を展開。また、患者の知る権利、選ぶ権利、決める権利を守るべく、セカンドオピニオンやインフォームドコンセントを適切な形で普及させることを目的として運営されています。

  • BREAST CARE Kyoto 人工乳頭のブレストケア京都
  • Re-バストブラ アボワール 乳がん経験者が作った乳がん下着専門店
このページのトップへ